「江戸川区環境フェア2018」に参加しましたっ!

こんにちは!エンジェル80号です
6月2日土曜日、江戸川区総合文化センターで開催された、
「江戸川区環境フェア2018」にて
「かんたん実験 ペットボトルで雲を作ろう!」を実施してきました。

サニエンスタッフはエンジェルス3名&フレンズ3名の計6名で対応。
昨年の環境フェアにも参加させていただき、
こうして今年もリピートでお声掛けいただけるのはとてもうれしいことです!

梅雨入り前の週末は広く高気圧に覆われて、思いっきり行楽日和!
総合文化センターのすぐそばには親水公園もあり、
子どもが水遊びできるミニ滝や小川、くつろげる木陰があったりと気持ちよさそう。
環境フェアは約60団体が参加するとあって、
屋外会場も屋内ブースも老若男女で多賑わいでした。

さて、体験教室は午前1回、午後1回の2回実施しました。
参加人数は子ども&大人取り混ぜて、午前の部約30名、午後の部約40名、
合わせて約70名が参加してくれました。

昨年は開催場所が中央ロビーで、
通りすがりの来場者がそのまま参加できたのですが、
今年は、小ホールホワイエでの開催。
涼しくて環境は申し分ないのですが、
ガラス扉の奥のホール、ということもあり、
集客できるのかしら?とちょっと心配でした。

でも、声を出して積極的に呼び込みをした甲斐あって
午前の回はほぼ満席(ホッ)
午後の回も呼び込みはするものの、
家族連れの姿がやや少なくなっていましたが、
主催者のスタッフさんが放送案内を流してくださって、
ご夫婦や年配の方々が来てくれたり、
他のブースに並んでいた小学生もあとからやって来てくれて
結局立ち見が出て、補助椅子を出すまでになりました(フー、よかった~

まずは、未来への環境創造を見据えた
「環境フェア~めざそう!日本一のエコタウン~」
というテーマに合わせて、クイズも交えて地球温暖化について説明。
ディスプレイ画面が会場の規模にしてはちょっと小さめだったのですが、
みんな真剣に聴いてくれて、手を挙げて答えてくれました。

そしてお待ちかね、ペットボトルを使っての雲作り実験タイム!
「空気を入れれば入れるほどいい雲が作れますよ!」と声掛けすると、
幼稚園のお友だちも、小学生も、保護者の方々も、そして年配の方も、
皆さん一生懸命ペットボトルに取り付けた炭酸キーパーをプッシュ!
3名くらいのお友だちに前のステージに上がってもらって、「せーの!」で
キーパーをポン!と開けると、白い雲がボトルの中に出現!
「見えた?」「見えた!」と喜ぶお友だちの顔は何度見てもうれしいですね。

 

最後に、これから暑くなる季節、太平洋側で増えてくる雷の現象について説明。
そして、参加者には十種雲形カードをお土産として持ち帰っていただきました。

今回は昼休みの空き時間があったので
サニエンスタッフも展示を見て回り、
東京理科大研究室の学生による、
家庭にあるものだけで組み立てた風力発電機など見学しました。
そうそう、洗剤や歯ブラシでおなじみの企業、ライオン(株)も
環境に配慮したモノ作りをしているということで出展していました。
この会場の熱気の中、ふかふか着ぐるみのライオンくんも来ていて、
思わず一緒に写真を撮り、エールを送りました!
ライオンくんも皆さんも、お疲れさまでした(にこっ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です