2月2日(土)平塚市立旭南公民館で親子お天気教室開催!

こんにちは!エンジェルス80号です。
2月2日に平塚市立旭南公民館にて
「ママさん気象予報士に学ぶ~親子お天気教室~」を行いました。

参加してくれたのは14組の親子(小学生15名、幼児11名、保護者15名)の皆さん。
スタッフは、エンジェル3名とフレンズ1名で対応しました。

旭南公民館のホールは天井が高く、
舞台上のスクリーンも、映画上映が出来るくらい大きくて立派!
スライドがとても見やすかったこともありますが、
盛りだくさんの内容で休憩時間なしの90分というスケジュールでしたが、
参加したお友だちは、集中してお話を聴いたり、楽しく実験を体験してくれました。

プログラムの最初は「お天気○×クイズ」。
みんな元気よく、○や×のポーズでクイズに参加。

雲作り実験の前に、
「雲は何からできているのか、どうして雲ができるのか」をスライドで学び、
お待ちかね、ペットボトルで雲作り体験。
「いい雲を作るには、ボトルにたくさん空気を送り込むの」と言うと、
小さなお友だちも、取り付けられたキーパーを一生懸命にプッシュ!

そしてみんなで一斉にキーパーのフタをポンと開けると、真っ白い雲が
ペットボトルの中に出現! あちこちで歓声が上がりました。

減圧実験の前にもまずはクイズ形式で気圧のお話。
目には見えず、普段はなかなか感じにくい大気圧ですが、
自分の頭の上に乗っかっている大気の重さを聞いて、みんなビックリ。

漬物の早漬けなどが出来る減圧容器に
スナック菓子の小袋やマシュマロ、缶コーヒーなどを入れて
減圧したり、もとに戻したり。
気圧の変化や気圧の力を見える化し、
なぜそうなるのかを子どもたちに考えてもらいました。
食い入るような眼で見る興味津々の子どもたち!

そして、「風ってどうして吹くの?」というお話をしてから、
風速計とうちわを使っての「台風に挑戦ゲーム」。
台風は17.2m/s以上の風です!
懸命にあおいでもなかなか暴風は起きません・・・。
「台風の風ってスゴいんだねえ」と実感!
子どもたちだけでなく、保護者の方々にも挑戦していただき、
会場は盛り上がりました。

プログラムの最後は防災のお話。
旭南公民館のそばの川は
北側から流れてくる3本の支流が集まり、合流する場所。
大雨時には危ない個所となる恐れがあります。
地図や写真を使って、大人だけでなく子どもたちにも
普段から川の様子にも関心を持ってもらいたいとお話ししました。

最後に「台風に挑戦ゲーム」で頑張って最大風速を吹かせてくれた、
風速上位のお友だちと保護者の方に、ほんの気持ちですが
景品をプレゼントしてプログラムは終了しました。

さて次はどんなお友だちと会えるかな?
新しい出会いを、エンジェルは楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です