2020年11月21日(土)さいたま市上木崎公民館「親の学習事業 プラバンで天気図ストラップづくり」

こんにちは。エンジェルス22号です。
さいたま市上木崎公民館で「親の学習事業 プラバンで天気図ストラップづくり」を実施しました。

参加者は未就学(5、6歳)のお友達親子5組。(周辺の小学校はこの日に授業がはいってしまったそうなんです。)

さいたま市の親の学習事業のファシリテーターさんの進行でお約束や参加者の自己紹介からはじまりました。

そしてサニエンにバトンタッチ。アイスブレイクとしてみんなでお天気に関する手あそびしてからそれにまつわる解説もしました。
続いてお天気クイズ、みんなの住んでいる埼玉やリニューアルした気象科学館に関する問題もいれました。

そしてお楽しみのプラバンで天気図ストラップづくり、低気圧・高気圧の等圧線や前線は大人の方が書いて、色塗りはこども達。
みんな真剣、個性あふれる作品ができましたね。

  
トースターで焼成の際はドキドキ。びっくりするくらい縮んで焼き上がり。ストラップを通して完成です!


まだ天気図がわからないお友達もカバンにこのストラップがついていれば天気図も身近な存在になるはず。

製作のあとは、お天気豆知識として東京地方で3年ぶりに吹いた「木枯らし」のお話。
こちらはその東京地方で木枯らし1号が吹いた日の天気図ストラップ。講師のIさんの作品です。
このところは小春日和がつづいていましたが、これから冬型の気圧配置が増えてきます。

最後はオリジナル紙芝居「サニーちゃんとたいふうのふうちゃん」。
今回はソーシャルディスタンスのため、スライドで行ないました。
台風の天気図でストラップを作ったお友達が多かったです。

今回作成した天気図ストラップを身に着けて、気持ちよくおでかけできる毎日になりますように。

この「プラバンで天気図づくり」は北海道のエンジェルさんが考案したもので、サニエンでは初めて実施しました。
今回のスタッフは講師3名オブザーバー1名で担当いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です