2021年10月3日(日)リサイクル千歳台 「おもしろ気象実験!ペットボトルで雪の結晶を作ろう」

こんにちは。空見鶏です。

緊急事態宣言が解除となって3日目。
リサイクル千歳台では半年ぶりの講座再開で主催者、
お客様ともワクワク感でいっぱい。
でも、感染対策は気を緩めずしっかりやって講座開始です。

本日のスタッフはエンジェルス1名とフレンズ1名。
参加者は小学生の皆さんとお父さんお母さんのペア、
10組20名で募集枠いっぱいでした。

まずは地球温暖化に関するお話。
温暖化の仕組みやクールチョイスのクイズに
元気に返事をしてくれるお友達がいっぱいで
講師もやる気になります。

続いて雪の結晶装置作り。
ペットボトルの中に落とさないように細いテグスに
ビーズを通すのが難しいのですが、
今日の参加者は素晴らしい!
ひとりの失敗もなく装置が完成し、
ドライアイスをセットして準備が完了しました。

雪の結晶ができるのを待つ間に、
雪がどうして降るのかなど雪の話を聴いたり、気圧の実験を見たりしました。
実験では、気圧の変化でこんなことが起こるんだ~と、
気圧の力にびっくり!

結構難しかった台風三択クイズでは、
5問全問正解の男の子がいたのにまたびっくり。
他の成績優秀者も記念品をもらってにっこり。

さて、そうして楽しんでいる内にお待ちかねの雪の結晶のできぐあいは…。
「お~っ。出来てる!」「きれい」「針みたい」など
初めて自分で作った結晶に感嘆の声。

うまくできた子ももう少しだった子も、お家でもう一回頑張ってみようと
自作の装置を持ち帰ってくれました。

未来の気象予報士が大勢参加してくれて楽しい講座になりました。
空を見上げて空が好きになる子供たちが増えてくれた気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です