2022年8月21日(日)旗の台文化センター「人工虹を観察しよう!お天気実験教室」

こんにちは、エンジェルス3号です。
昨日から天気予報が気になって気になって…。
今朝も気象庁のHP見たり、何回も窓から空を見たり、落ち着きません。
どうしてか?
今日午後からのお天気教室は太陽が出ていないとダメなんです!
一応、予備のメニューも用意してありますが、
できれば予定通り「虹の観察」がやりたい~。

会場の旗の台文化センターに着いて準備をしていたら、
ナント!弱いながらも日射しが!!
これくらい日射しがあれば、虹ができそうです。

参加者は小学生8名、保護者8名、そして幼稚園児1名です。
お天気教室が始まったら、お話は後回しにして、
先ずは虹の観察をすることに。
センターの隣にある公園に出たら、
あ~日射しは更に弱々しくなっちゃった。
うっすらと虹が見えるような見えないような…
「見えな~い」「わからないよ~」
仕方ないので、撤収。

部屋に戻って、「虹のお話」
二重の虹や珍しい過剰虹の写真に興味津々です。

虹のできる仕組みはチョット難しいですね。

後半の予定だった雲を作る実験を先にやることにします。
お母さんと協力してペットボトルに空気を押し込んでいる人も。

パンパンになるまで空気をたくさん入れたら、みんなで一緒にポン!!
「ほら!雲ができたよ」

ここで前半終了、ちょっと休憩です。
その時、外を見にいっていたスタッフから、
「日射しが出たよ!」の声。
休憩終了後、虹の観察のリベンジマッチです。

「あ!見えた」「こっちにもできてる」

よかった。みんな観察することができました。

部屋に戻ったら、最後は台風三択クイズです。
これから台風の季節、台風のことをクイズで勉強しましょう。

手ごわい問題もあって、残念ながら全問正解者はいませんでした。

夏休みも残り少なくなってきました。
楽しいことはたくさんあったと思うけど、
今日のお天気教室がその中のひとつになるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。