12月15日(土)板橋区立三園小学校いきいき寺子屋

板橋区立三園小学校いきいき寺子屋のプログラムで、
サニエンがお天気教室を始めてから、早3回目になります。
今回は、スタッフ3名のほか、地元の板橋区立赤塚第二中学校の生徒2名が、
ボランティアとして準備段階からお手伝いに来てくれました。
児童9名、保護者6名が参加して、雪の結晶づくりの実験などを行いました。

まずは、雪の結晶の装置の作成から。
ビーズの穴に糸を通す作業が難しいのですが、
低学年のお友だちも自分で器用に通していました。

ペットボトルの装置を作った後、
カップにドライアイスとペットボトルを入れて、
結晶ができるのを待ちます。

その間、冬のお天気の話として
木枯らし1号と春一番を取り上げました。

休憩をはさんで、三園小学校に一番近い練馬のアメダスの
過去1年分の観測データから、
気温を中心に3択クイズで天気をふりかえりました。
「えー、猛暑日がそんなにたくさんあったの?」
など、驚きの声が上がりました。
今年の練馬のアメダスでは、暑さも寒さも記録更新したんですよ。

その後、サニエンオリジナル紙芝居「サニーちゃんとかみなり」を上演。
みんな真剣に見ていました。

さあ、雪の結晶ができました。
今回は、条件が良かったのか、
どれも結晶が大きく成長した様子を見ることができました。
写真に撮っている人もいました。

実は、8月に行われた寺子屋で、彩雲が見られました。
空を見上げると、雲と日光のいたずらで、
時々彩雲などの現象が見られることを説明してしめくくりました。
みんなで空を見上げよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です