12月21日(土)板橋区立三園小学校いきいき寺子屋

板橋区立三園小学校のいきいき寺子屋事業のプログラムで、
お天気教室を行いました。
三園小学校は4回目の実施で、ありがたいリピーターです。
スタッフ3名がおじゃましました。
事前申込した児童は3名と少なかったのですが、
当日飛び入り参加の児童もいました。
参加者が少ない分、スタッフがよりきめ細かく対応できたと思います。

まずは、気圧の話と実験から。
頭の上に乗っている空気の重さは?の答えに
「えー!」と驚きの声も。
実験では、気圧をいったん下げて元に戻すと、
容器の中の物もすっかり元通りになる様子を見て納得。

次に、ペットボトルで雲を作る実験です。
実験の前に、雲のでき方について説明をしました。
とても小さい雲粒1つは、
数えきれないほどの水蒸気が集まってできていることを知って、
みんなびっくり。
雲づくりの実験では、炭酸キーパーで空気を入れるのが大変そうでしたが、
全員見事に雲を作ることができました。   

休憩をはさんで後半は、
雲の種類の説明の後、雲パズルに挑戦。
巻積雲、高積雲、層積雲似たような名前で紛らわしいですが、
雲の名前はいくつかの漢字を組み合わせてできていて、
名前から雲ができる高さや形の特徴がわかることなどを説明しました。
ちょっと難しかったかな?

それでも、途中でこちらが出すヒントを参考にしながら、
10分間で雲パズルを完成させることができました。すごい!

最後に、この日の空を見上げてみると一面「高層雲」でした。
毎日空を見上げると、いろいろな雲が見えて、
雲の変化から天気の変化もわかることを説明して終了しました。
みんなで空を見上げよう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です