2月24日(日)川口市消防防災フェア

こんにちは。エンジェルス22号です。
更新が遅れましてごめんなさい

2月24日 川口市消防防災フェア に参加いたしました。
子どもから大人まで幅広い世代の方に
日頃からの災害に対する備えや防災に関する正しい知識を、
家族で楽しみながら学んでもらおうというイベントです

川口駅をでてすぐの広場には実際の消防車展示や
ステージではアニメのキャラクターショーが行なわれており、
メインホールではゴルゴ松本さんによる「命の授業」という講演もありました
一日中、人が絶えず、来場者数は1万6千人を超えていたとのことです。

 

サニエンでは展示コーナーで「気象予報士とお天気実験」と題し、
ペットボトルで雲をつくろう、台風に挑戦しよう、雨量計のしくみをみてみようの
3つのコーナーを用意しました。

お天気実験ではおなじみとなった雲づくりはやっぱりイベントでも大人気。
かわるがわるたくさんの人に体験してもらいました。
雲がなにからできているのか、どうしてペットボトルの中に雲ができるのか
私たちの説明にも真剣に耳を傾けてくれましたね。

うちわであおいだ風速を計測して台風に挑戦ゲーム
うちわ選びからあおぎ方、どうすれば強い風がおこせるかな!?
そして、その記録はシールに記入して風の強さの表にペッタン!

一生懸命あおいだのに、台風の風は17m/s以上…ぜんぜん届きません。
それどころか先日、風が強かった日の10m/sにも届かず。
天気が良くでも風が強い日の外出には注意が必要なのです。

 

じょうろで水をそそいでいるのは、雨量計です。
実際のアメダス観測所で使用されていた本物の計器を
展示用に内部が見えるように加工しています。
雨が降って、雨水がなかにたまると…カッタンとますが傾きます。

アナログにみえる計器ですが、
実際の観測ではこの転倒回数が電気信号で即座に気象庁に送られます。

サニーエンジェルスでは、空を見上げよう!を合言葉に活動しています。
日頃から空の様子を見ていることによって、いつもと違う様子があった場合、
災害が起きる前に対策ができることにもつながります。

そして、空を見上げることによって気持ちも前向きになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です