2019年1月13日(日)リサイクル千歳台『実験!ペットボトルで雲を作ろう』

こんにちは! シエル1号です。

東京都世田谷区のリサイクル千歳台にて、
「親子お天気教室」を実施しました。

前日、東京での初雪になりましたが、当日は穏やかなお天気で、
15組の親子(大人15名、こども16名)が参加してくれました。

特に今回はお父さんの参加が多く、こどもたちは幼稚園年長~小学校5年生でした。

まずはじめは、『地球温暖化のお話し』。

地球の気温をちょうどいい状態に保ってくれている温室効果ガス、
でも増えすぎると地球が暑くなってしまい、
いろいろな災害につながる可能性があります。

温室効果ガスの出す量を少しでも減らしたい、
資源を大切に使う方法をクイズ形式で、親子ともどもみんなで一緒に考えました。

全問正解のお友だちが一人、1問間違えたけどもじゃんけんに勝ったお友達が一人、
合計二人のお友達が賞品をゲットしました!

次は、『ペットボトルで雲を作ろう!』。

15組の親御さんとお友達には、炭酸飲料用のペットボトルを持ってきて頂きました。
冬の天気図や雨つぶ、そして雲のできかたを聞いた後、いよいよ雲を作ります。

ポン!と栓を抜いたら、ペットボトルの中が真っ白になるたびに歓声が!
お友達全員、大成功でした。

さて、『雲の種類をおぼえよう』では、10種類の雲を一つ一つ写真で紹介。
ふだん、なにげなくしか見ていない雲も、お天気の下り坂とかを
教えてくれるものもあるんだね。

ここで、10分間の休憩をはさんで、
後半は『高気圧と低気圧』のお話からスタート。

天気図で、高気圧ってどんなところか、それから低気圧はどんなところなのか、
お友達みんな、わかってくれてうれしいです。

さーて、今度は『気圧を感じてみよう』の実験です。

頭の上にかかっている空気の重さにみんなびっくり!
そして、減圧実験容器(台所用品ですが)の実験では、
「お菓子の袋」や「マシュマロ」が、気圧が下がるとどうなるかを体感、
そして「缶コーヒー」の中身の動きに拍手喝采!

続いて、『台風のお話しと三択クイズ』では、
台風が引き起こす高潮や、日本にいちばんやってくる季節、
それから台風のうずの向きや強さや大きさ、
お友達みんなとても熱心に聞いてくれて、とても嬉しかったです。

5年生のお友達からは台風のうずについて質問があり、
ちょっと専門的なことも交えお答えしました。

みんなに、台風のことをよく知ってもらって、
少しでも災害が減れば、と思います。

最後に、
今回のスタッフはこちら4名が担当しました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です