2020年8月30日(日) みなと科学館 夏休みお天気実験教室

こんにちは、エンジェルス65号です。

暑さにうんざりしてきた8月30日、
港区立みなと科学館で
「夏休みお天気実験教室~ペットボトルで雲を作ろう」を
午前と午後の2回行いました。
みなと科学館は、今年6月にオープンしたばかりのピカピカの施設。
2階には気象科学館やプラネタリウムも設けられています。

参加者は、小学校低学年の親子15組(午前7組、午後8組)。
中には未就学のお子さんも。
エンジェルスは2名で対応しました。
全員手指消毒、マスク着用、広い実験室の9台の実験用テーブルに1組ずつ
密にならないよう座ってもらいました。
もちろん私たちもマスクです。

お天気クイズで和んだところで、さっそくペットボトルで雲作り。

ちょっと難しい「凝結核」なんて言葉が出てきても、
退屈そうにするどころか、熱心に聞き入ってメモを取って、
と関心の高いこと!いや~感心。

ポン!でペットボトルが真っ白になるとわあっと歓声が。
お父さんお母さんも順番にやってます。うん、オトナだって面白いよね。

次は雲パズル。

「こっちはかさが見えるから…」
「いわしのほうがひつじより上だよね」楽しそうな会話が聞こえます。

テーブルの間を回ると次々と質問が飛んできます。

今日のちょっとしたワクワクをきっかけに、
空を見上げる楽しさを知ってもらえたらいいな、
と思いながらやっぱり暑い都心を後にしたのでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です