2021年2月7日(日)リサイクル千歳台 親子でおもしろ気象実験 ペットボトルで雲を作ろう!

こんにちは! エンジェルス80号です。
まだまだ寒い日が続いていますが、
関東地方では可憐な梅の花が咲き始め、
見ごろとなっているところも。
そうそう、最早記録の「春一番」(2月4日)も吹きましたね。

その3日後の2月7日(日)、
世田谷区のリサイクル千歳台にて、
「親子でおもしろ気象実験 ペットボトルで雲を作ろう!」
を実施しました。

担当したのはエンジェルス2名。
参加者は高い倍率をくぐり抜けて選ばれた、
10組の小2~小4の小学生と保護者の方々。
新型コロナ感染防止のため、安全・安心を第一に、
主催者さんのほうで以前と比べて人数を大幅に絞り、
徹底して消毒と換気に配慮し、
机の距離も離して座っていただきました。

口開けは「地球温暖化」のお話。
CO2を増やさないためには、
エネルギーをなるべく使わない省エネ生活が大切。
クイズの答えは正解のお友だちが多くて感心しました。

ここ、リサイクル千歳台はエコな生活を目指す世田谷区の拠点。
お教室開催中も、ペットボトルや古着など
リサイクルできる家庭用品を持ち込む住民の方々が訪れていましたよ。

さて、今回は「雲」がメインテーマ。
なぜ雲が出来るかを学習して、ペットボトルの雲作り!
炭酸キーパーと炭酸用ペットボトル、
そして雲のタネとなる除菌スプレーを使って雲を作ります。

炭酸キーパーを使わずに雲を作る方法もあるので、
おうちでも試してみてね。

実験の後は十種雲形の種類と見分け方のお話。
後半に雲パズルがあるので、みんな真剣に聴いてくれました。

休憩の後はお天気豆知識「春一番」のお話。
3日前に春一番が吹いたばかりで、
統計開始(1951年)以来一番早かったとテレビのニュースで流していたので、
皆さん全員が知っていました!

次は十種雲形のシートを切り抜いて、
台紙に置いていく雲パズルを各自作成。
真剣に手元を見てはさみを使うお友だち。
この時ばかりは会場がシーンと静かに。

その後はお天気三択クイズ。
みんな元気に保護者の方も一緒に手を挙げて参加してくれました。
7問全問正解者は1組だけ、おめでとう!

最後に彩雲や花粉光環などのきれいなスライド(花粉は困りますが)も見てもらい、
美しい自然現象が空にはたくさんあることを知ってもらいました。

「リサイクル千歳台」では、
昨秋にも「雪の結晶作り」を実施させていただきましたが、
お天気教室は2016年が初回で、
毎年定期的に1回、ないしは2回お声掛けくださるので、
数えたら今回で何と8回目!!
こうしてリピーターで呼んでくださるのはとてもありがたくうれしいこと。

これからも「お天気教室を開いてみたい」というところには、
エンジェルスは出掛けて行きますので、
興味が湧いてきたらお気軽に、何なりとお問い合わせ&ご相談ください!
お待ちしていま~す(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です