2021年7月30日(金)武蔵野市消費生活センター夏休み親子教室「楽しくお天気実験~雪の結晶&ミニ竜巻を作ろう~」

こんにちは!エンジェルス3号です。
ここのところ大気の状態が不安定で、
局地的に大雨になったりしていましたが、今日も危なそう。
そう思いながら会場の最寄駅を降りたら水たまりが。
朝、雨が降ったようです。今はやんでいてよかった。

夏休み親子教室には15組(こども16名、保護者15名)が参加。
今日は何をするのかな?みんなワクワク。

 

 

 

 

 

先ずは気温の話。
テレビの天気予報でも最近よく聞く「真夏日」や「猛暑日」
最高気温が何度以上の日かな?答えは配布した解答用紙に書いてね。

次は、雪の結晶の装置を作ります。
装置ができたら発泡スチロールの容器に立てて、
その周りにドライアイスを入れていきます。
あとはそ~っと動かさないように置いておきましょう。

雪の結晶が育つまで、「雪の話」「気圧の話」を聞いて、
減圧容器(実は台所用品⁉)を使った実験も。

前半はここまで。
休憩を兼ねて雪の結晶ができ始めたか観察してみましょう。

後半の最初は竜巻の話。竜巻の動画も観て、その怖さがよくわかりましたね。

 

 

 

 

 

 

本物の竜巻は危険だけれど、ミニ竜巻なら安全に観察できます。
発生装置を組み立てて、ミニ竜巻を発生させましょう!
あちこちから歓声が聞こえてきました。

 

 

 

 

 

お天気〇×クイズでは、全問正解者が3名もいました。
ちょっと難しいかな~と思っていたのに、スゴイ!

最後に大きく育った雪の結晶を観察。
写真、うまく撮れたかな?

 

 

 

 

 

せっかくの夏休みなのにお出かけもままならず、つまんな~い、
っていう時には空を見上げて面白い形の雲を見つけてみてはどうでしょう。
気持ちも上向きになりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です