2021年8月22日(日)港区立みなと科学館 お天気実験教室~雲を作ってみよう~

こんにちは。エンジェルス4号です。
今日は、みなと科学館お天気実験教室「雲をつくってみよう」の2回目です。
夏休み最後のイベント、子どもたちは張り切って参加してくれました。

まずはお天気クイズから始まりました。
「夏日は最高気温何℃の日?」「雨粒の形はどれ?」
どのクイズにも、「はーい!」と元気な答えが聞かれました。

ペットボトルの中に雲を作る実験では、
一生懸命になって炭酸キーパーを押し、空気を吹き込んでいました。
「もう押せないよ~」という声も。
そして、いっせいにポンッ!とふたを開けると…、
真っ白い雲がペットボトルの中にできました。
みんな、うまくいって良かったね。

次は雲の形のおはなし。
雲の写真を見て、名前を当てていきます。
「巻雲!」「巻積雲!」と、元気な声で、正しい雲の名前が答えられました。

そして、最後は雲パズルです。
雲の写真ピースを見て名前をあて、台紙に置いていきました。
子どもも大人も真剣そのもの。
みんな真剣に取り組んでいました。

いつもは裏に正解を書いて持ち帰りますが、
家に帰ってからまたやりたいと、裏には書かずに持ち帰る子もいました。
おうちでもちゃんとできたかな?

空を見上げると、きれいな雲に出会うこともあります。
そして、雲を見ることで、危険が近づいてくるのを知ることもあります。
みなと科学館の「みんなの雲展」も見て、もっと雲のことを知り、
雲の美しさを楽しんだり、自分の安全を守ることを考えたりできる人になってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です