2022年3月6日(日)品川区環境情報活動センター環境学習講座「輝く雪の結晶作りと気圧実験」

こんにちは。空見鶏です。

3月6日(日)品川区環境情報活動センターで、
環境学習講座「輝く雪の結晶作りと気圧実験」を行いました。
まだコロナウイルス感染が心配される中でしたが、
参加者は14組27名の親子と大変な人気。
感染対策を徹底して元気いっぱい参加してくれました。

本日のスタッフはエンジェルス2名とフレンズ2名。
まずは地球温暖化の話からスタートです。
「地球は暑くなってるの?」
「地球がちょうどいい温度になってるのはなぜ?」など、
クイズを交えて楽しく勉強しました。

地球環境問題は是非、正しいデータを使い、自分で考えてみてくださいね。

続いて、人気の雲作り実験。
雲ができる仕組みをやさしく説明してもらった後、
ペットボトルに少量の水と除菌スプレーをひと拭きし、
ポンプを何度も押してボトルが固くなったら準備完了です。
みんな一斉に炭酸キーパーのレバーをプッシュ!
「わーっ、まっ白!」
「やったー!!」
歓声が上がって実験は大成功。
目の前でできた自分だけの雲はやっぱり嬉しい。

次は、お待ちかね。
雪の結晶装置作り。
細いテグスにビーズを通しペットボトルの中につるすのが難しいんです。
ちょっとビーズが落ちちゃったお友達もいましたが大丈夫。
スタッフから追加のビーズをもらって全員の装置が完成。
ドライアイスもセットして準備完了です。

雪の結晶ができるのを待つ間に、雪がどうして降るのかのお話を聞きました。

後半は、タイミング良く、前日(3/5)に吹いた春一番のお話からスタートです。

「3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去って行く」。
春先の気象は激しい現象も多いので気をつけてください。

そして、おなじみの減圧実験。
密にならないように3班に分かれての実験です。
気圧によるスナック菓子やマシュマロの変化、コーヒー缶マジックなどに
笑ったり、驚いたり。
気圧の力にはみんなびっくりでした。

お天気三択クイズで雨や台風、たつまきの勉強をして
お天気博士入門編を経験しているうちに…

いよいよ雪の結晶ができてきたようです。
それぞれが作った雪の結晶装置に近づいて見ると…。
「すご~い」。
初めて自分で作った結晶に感激の声。

「雪は天から送られた手紙」なんですね。
うまくできた子ももう少しだった子も、
お家でもう一回頑張ってみようと自作の装置を持ち帰ってくれました。

とても盛りだくさんの内容であっという間の2時間でした。
参加してくれたお友達、お母さま、お父さまお疲れさまでした。

最後に、品川区環境情報活動センターは今月末で閉所ということです。
サニーエンジェルススタッフ一同、これまでのご協力に心から感謝申し上げます。
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。